株主優待に関する「なぜ?」「どうして?」といった疑問にお答えします。当サイトを閲覧された方が株主優待について少しでも興味を持っていただけたら光栄です。ぜひご覧になってみてください。

東急不動産ホールディングスの株主優待について

東急不動産ホールディングスは、東急不動産と東急コミュニティー、東急リバブルの3社を子会社として、2013年10月1日に設立された持株会社です。そこで、同社の株主優待もこの3社に関係するものとなっています。

すなわち、優待の内容は、リゾートホテル宿泊優待券と、宿泊優待共通券、スポーツ優待共通券、そして東急ハンズ買物優待券の4つに分かれています。このうち、東急ハンズの買い物優待券は分かりやすく、有効期限内なら何度でも利用できるカードとなっています。1回の買い物につき、代金が5パーセント割引となるものです。ハンドクラフト好きの人にとっては嬉しいカードです。

次に、リゾートホテルの宿泊優待券は、全国各地にあるホテルハーヴェストなどで利用でき、1枚につき1泊1室が優待料金となります。宿泊優待共通券も同様で、リゾートインや東急ステイ、パラオパシフィックリゾートについて、宿泊料金が割引となったり、優待料金で利用できたりするものです。

最後に、スポーツ優待共通券は、東急不動産グループのゴルフ場やスキー場、東急スポーツオアシスでの施設等の利用料金が優待料金となります。

もっとも、上記4つの株主優待うち、リゾートホテル宿泊優待券と、宿泊優待共通券、スポーツ優待共通券については100株以上の保有でもらうことが可能ですが、東急ハンズの買い物優待券は1000株以上保有する株主しか入手できないので、少々注意が必要です。

このように、東急不動産ホールディングスの株主優待は、性別・年齢を問わず幅広い方が楽しめる内容となっています。しかも、同社の株式を500株以上3年以上継続して保有すると、上記に加えてカタログギフトがもらえますので、非常に魅力的です。